追記

野良犬日記 2.1

RDF/RSS
この日記の検索

最近のツッコミ:


2022-10-13 (Thu) [長年日記]

_ [srv]HedgeDoc 2系

試してみた

wslで

 > wsl hostname -I
 172.17.252.188

とか表示されたので、それを使っている

バックエンドはドキュメントもexampleも変だったけど、結局こんな感じ

 $ git clone https://github.com/hedgedoc/hedgedoc.git
 $ cd hedgedoc
 $ yarn install
 $ openssl rand -hex 16 | sed -E 's/(.*)/HD_SESSION_SECRET=\1/' >> .env
 $ vim .env
 $ cat .env
 HD_AUTH_LOCAL_ENABLE_LOGIN=true
 HD_AUTH_LOCAL_ENABLE_REGISTER=true
 HD_DOMAIN="http://172.17.252.188:8080"
 HD_MEDIA_BACKEND="filesystem"
 HD_MEDIA_BACKEND_FILESYSTEM_UPLOAD_PATH="uploads/"
 HD_DATABASE_TYPE="sqlite"
 HD_DATABASE_NAME="./hedgedoc.sqlite"
 HD_SESSION_SECRET="deadbeefdeadbeefdeadbeefdeadbeef"

 $ yarn start

ポート3000で動く

フロントエンドは .env が複数あるので選ぶ

 $ git clone https://github.com/hedgedoc/react-client.git
 $ cd react-client
 $ yarn install
 $ vim .env.development
 $ cat .env.development
 NEXT_PUBLIC_USE_MOCK_API=false
 HD_EDITOR_BASE_URL='http://172.17.252.188:8080/'
 HD_RENDERER_BASE_URL='http://172.17.252.188:8080/'

 $ yarn run dev

ポート3001で動く

リバースプロキシは添付の Caddyfile を使うなら、こう

 $ cd react-client/dev-reverse-proxy
 $ curl -o caddy "https://caddyserver.com/api/download"
 $ chmod +x ./caddy
 $ ./caddy run

ここまですると、(あちこちでエラーが出てるけど) 使えることは使える

  • 適当な名前で登録して、
  • 登録失敗したような表示になるができているみたいなのでサインインし、
  • なにか新規作成し、
  • 右側の Aliases で別名を作って
  • http://172.17.252.188:8080/n/別名 でアクセスしたり
  • 複数人で同時編集してみたり

CodeMirror が 6 になっているので、無理やり textarea のハックをしていないから日本語入力も不具合がないようにみえる

一方で、Permission 変更はうまくできないみたいだし、サインアウトしてもそのまま書き続けられるみたいだし、ログはエラーだらけだから、まだまだリリースされることはなさそうかな

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ たも [今はWindows側からもlocalhostで繋がるからIP直書きしなくてもいいみたい]


2022-08-21 (Sun) [長年日記]

_ Windows PowerToys FancyZones の Canvas Layout

これ、いつから存在していたんだろう。見落としていただけ?

キャンバスレイアウトがないと、

ABC

みたいに3等分に設定しているとき、 AB とか BC にまたがったウィンドウを表示したいとき、 Winキー+矢印では対応できなかったと思う。

レイアウト変更で

 AB C

とか

A BC 

って感じにする手間が必要だったのかな。

(ぼくはAとかCに配置してからドラッグで伸ばしていたけど)

キャンバスレイアウトなら、ABとかBCのところに第4、第5のゾーンを作れば良いと思う。 もっと早く知りたかった。


2022-08-14 (Sun) [長年日記]

_ OBSでマイク追加したら音がモニタに出なくなった

https://obsproject.com/forum/threads/audio-monitoring-doesnt-work-at-all.107310/

ちゃんと調べてないけど、モニタするのを片方だけにしたら出るようになったからヨシ!


2022-07-28 (Thu) [長年日記]

_ [srv]Github Pages でも cross-site isolation

できるらしい

https://github.com/gzuidhof/coi-serviceworker

これで任意の HTML 置き場から ffmpeg.wasm できる (サーバからのレスポンスを変更できなくてもいい)


2022-07-26 (Tue) [長年日記]

_ [srv]Youtube API の応答を中継したい

Youtube のコメントを見る Chrome 拡張を作ってみたが、もし公開するなら API鍵を拡張の中に含めないほうがいいらしいので、OpenWRT の Lua CGI で中継できるのかどうか試行してみた。

しかし、使おうと思った luci.httpclient が https の処理に nixio.tls を必要とするのに、OpenWRT の nixio は tls 抜きで作られており、うまくいかなかった。

とりあえず wget を呼ぶとかいうアホくさいことをして、動くことだけ確認したところでもうやめた。

 #!/usr/bin/lua
 local nixio = require("nixio")

 local host = nixio.getenv("HTTP_HOST") or ""
 if host ~= "example.com" then
  return
 end

 local method = nixio.getenv("REQUEST_METHOD") or ""
 if method ~= "GET" then
  return
 end

 local q = nixio.getenv("QUERY_STRING") or ""
 local vid = string.match(q, "^vid=([0-9A-Za-z_-]+)$")
 local vidlen = string.len(vid or "")

 if vidlen == 11 then
  local pipe = io.popen("wget -q -O - 'https://www.googleapis.com/youtube/v3/commentThreads?maxResults=10&order=relevance&part=snippet&textFormat=plaintext&key=XXXXX&videoId=" .. vid .. "'")
  local json = pipe:read("*a")
  local result = {pipe:close()}

  print("Access-Control-Allow-Origin: https://www.youtube.com\r")
  print("Content-Type: application/json; charset=UTF-8\r")
  print("\r")
  if result[1] and type(json) == "string" and json:len() > 1 then
   print(json)
  else
   print('{"items":[]}')
  end
 end

2002|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2011|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|06|09|11|12|
2013|02|03|09|10|11|
2014|02|03|04|06|09|
2015|11|
2016|01|04|09|10|
2017|04|05|07|
2018|04|08|12|
2019|07|08|10|
2020|04|05|06|07|08|
2021|01|02|07|
2022|05|06|07|08|10|