追記

野良犬日記 2.1

RDF/RSS
この日記の検索

最近のツッコミ:


2020-06-03 (Wed) [長年日記]

_ [srv]IPoE にしたけどやっぱり PPPoE も欲しいとき

transix DS-Lite 下では自宅サーバ公開が難しいらしい。そこで自宅サーバのために PPPoE も欲しいとなったときに一番簡単なのは、もう一台ルータを使うことだろう。

でも PPPoE 用のルータをどう追加すればいいのか……と不思議に思っていた。すなわち、

  WAN --(A)-- transixルータ --(B)-- PPPoEルータ?

と接続したとき A を通る中身は IPv6 だろうけど、B は何なんだ? それは通るのか? と。

ぐぐってみたら知恵袋が出てきて納得。A が IPv6 なんだから、ルータの順序を逆

  WAN --(A)-- PPPoEルータ --(B)-- transixルータ

にして、PPPoE ルータで IPv6 をパススルーすればいいらしい。なるほど。

もう自宅サーバとかいう時代でもなさそうだけど、zoom の代わりに使える jitsi とかをホストすることもあるかもしれないから、メモしておくことにする。


2020-06-02 (Tue) [長年日記]

_ [srv]ぷららv6エクスプレスの説明は不親切すぎませんかね

ぷららで IPv6 が (というか IPoE が) 使えるというから調べたけど、IPv4 に関しては 自分に用意されているのが transix.jp の transix なのか OCNバーチャルコネクトなのか、はたまた AsahiNet V6 コネクトなのかすら教えてもらえないみたいだ。

ぷららマイページ

IPv6 はルータをつなげば勝手に接続されるから良いとして、IPv4 については aterm の (ぷらら非公認) ルータの場合、自動では対応していないから 「PPPoE の設定をしろ」と言ってくる。でもそれに従ってしまうと IPv4 がぷららの PPPoE を通るから IPoE の意味がないはず。

知っている人は自分の IP の上位 (16ビット?) を見て、2400 だったら OCNバーチャルコネクトだ、2405 だったら v6 コネクトだとか判断するのかもしれないが、そんなことは、ぷらら公式には全然書いていないっぽい。

ぼくも一旦 AFTR を gw.transix.jp に設定してみたけどダメで (というか既定の DNS では dig -t AAAA gw.transix.jp すら返ってこなくて) 焦ったけど、v6コネクトのほうの AFTR を dig -t AAAA したら返ってきたから試しにその AFTR でやってみた結果、接続できた。あとから調べて、アドレス冒頭が 2405 だから v6コネクトで合ってたらしいという話になった。

でもそういう非公開情報に基づいているから、いつ使えなくなるか分からない。ぷららで IPoE を使いたい人は無料でルータをレンタルするのが一番よさそうだ。


2020-05-28 (Thu) [長年日記]

_ [spam] gmail で重要フラグまで付くスパム

ぜんぜん覚えのないサイトからの登録メールとして迷惑メールが来た。

(masterclassing とか eset とかいう、ちゃんとしてるっぽいところ。)

ぼくのアドレスで登録して、名前欄のところにアヤシイ URI を付けてあるみたい。

感心したのは、これが gmail のスパムフィルタを通るだけじゃなくて、重要メールになるところ。

そうだよなー、本当に出席登録とか製品購入とかだったら重要だもん。

URI で除外しようにも、短縮サービスだろうから難しいだろうな。

これ、しばらく続くのであれば、ちょっと面倒だなあ。


2020-05-01 (Fri) [長年日記]

_ [mutt]To edit both the code and po/*.po

Mutt の開発者メーリングリストで、mutt が表示するメッセージにおける各種表記の一貫性について提案があり、「それなら」ということで、全体的にチェックしてみたい気持ちになりました。その後の経過を説明するために、拙い英語で書いておきます。

Mutt-dev members noticed some inconsistencies in mutt's messages. I'd like to review and hopefully improve them.

I can edit po/mutt.pot directly. But it will be re-generated with the code.

Is there a tool to update the source files according to my latest mutt.pot? Does gettext have something useful for my task? I can't find one.

Okay, I'll write one.

One line of change in mutt.pot would have to update one or more source files and all the *.po files. Sounds complicated? But all the necessary information is around the changed line. So it should be easy. If that's all I need.

I want more. I'd like to sort the messages in various orders or to find/replace some patterns. So mutt.pot is not in the best format. (s/msg/message/ will break everything. s/autocrypt/Autocrypt/ will affect not only the messages but also filenames.)

Then I need some kind of database. Tab-separated list is easy to process with sed and perl.

https://gitlab.com/ttakah/mutt/-/tree/l10n-review/po

Ideally, I need only two scripts:

  • review-parse parses mutt.pot (as STDIN) and generate the database (as STDOUT).
  • review-subst updates the source files.

Due to my poor skill, I can't write them as simple as they should be.

  • review-parse also duplicates *.po with .sub suffix, replacing msgid's with their sha256 values.
  • review-divide lists up the individual files to update.
  • review-subst has to be called once before review-parse, and twice after it.
    • first: replace _("messages") in the source files with their sha256s.
    • second: update the source.
    • last: update *.po.

Hmmm, I hope someone will create a simpler tool.

Anyway, I'm using mine to review mutt.pot for more consistency.


2020-04-14 (Tue) [長年日記]

_ [ahk]Gui 内の Picture は小さく ActiveX は大きくなっちゃう?

一部マシンで autohotkey gui の画像サイズが小さいと思ったら hidpi の問題でした。

dpiscaleをマイナスしてやると大丈夫でした。


2002|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|10|11|12|
2011|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|06|09|11|12|
2013|02|03|09|10|11|
2014|02|03|04|06|09|
2015|11|
2016|01|04|09|10|
2017|04|05|07|
2018|04|08|12|
2019|07|08|10|
2020|04|05|06|